Skip to content

Motorola Edge 40 Neo

Motorola
11/9/2023
Sep 14, 2023
490 米ドル
( 77,082円 ) ※6/1/2024時点
6.55 インチ, 103.6 cm2 (~90.1% 本体比ディスプレイ占有率)
128GB 8GB RAM, 256GB 12GB RAM, uMCP
50 MP, f/1.8, (広角), 1/1.5, 1.0µm, マルチディレクショナル PDAF, 光学式手ブレ補正, 13 MP, f/2.2, 120˚ (超広角), 1.12µm, PDAF
159.6 x 72 x 7.9 mm , 170 g or 172 g
Black, Soothing Sea, Caneel Bay

Summary

  • Motorola Edge 40 Neoは、MotorolaからSep 14, 2023に発売されたスマートフォンとなっています。
  • Android 13が搭載されており、本体カラーはBlack, Soothing Sea, Caneel Bayの全部で 3色が展開されています。
  • IP保護等級は「 IP68 」となっており、 防塵、 防水に対応しています。
  • 参考価格は「 $490 」となっています。

Features

Body Structure・Display

6.55 インチ, 103.6 cm2 (~90.1% 本体比ディスプレイ占有率)(解像度:1080 x 2400 ピクセル, 20:9 アスペクト比 (~402 ppi 画素密度)P-OLED, 1億色, 144Hz, HDR10+, 1300 nits (最大) を採用したディスプレイを搭載しているが、 159.6 x 72 x 7.9 mm 170 g or 172 g とコンパクトなサイズに収まっています。

SoC・Memory・Storage

Socには MediaTek Dimensity 7030 (6 nm) が搭載されており、Antutuスコアが「526,573点」、Geekbenchスコアがシングルコアで「1015点」、マルチコアで「2392点」の性能を備えています。また、128GB 8GB RAM, 256GB 12GB RAM, uMCPのストレージがラインナップとして用意されています。

Camera

50 MP, f/1.8, (広角), 1/1.5, 1.0µm, マルチディレクショナル PDAF, 光学式手ブレ補正, 13 MP, f/2.2, 120˚ (超広角), 1.12µm, PDAFの組合せのデュアルカメラを搭載しています。

Battery

68W 有線, 50%になるまで15分間に対応した Li-Po 5000 mAh, 取り外し不可のバッテリーを搭載しています。

Security

生体認証には指紋認証がサポートされており、安心して使用することができます。

Communication

モバイル接続ではLTE(4G通信) に加えて5G通信 (※日本国内の各キャリア通信でも利用可能な「 n77 」「 n78 」を含む 、なおドコモのみ対応する「 n79 」 や5Gの高速かつ大容量通信を可能とするミリ波の「 n257 」 は含まない ) に対応しています。 また、Wi-Fi接続においては最新規格である「 Wi-Fi 6 」にも対応しています。

Specifications

Device Information

ブランド名 Motorola
製品名 Motorola Edge 40 Neo
品番 XT2307-1

Release Date

  • 発表日:Sep 14, 2023
  • 発売日:Sep 14, 2023

Body Structure

カラー Black, Soothing Sea, Caneel Bay
サイズ 159.6 x 72 x 7.9 mm
重量 170 g or 172 g
素材 前面ガラス (Gまたはilla Glass 3), プラスチックフレーム, プラスチック背面
保護機能
  • IP保護等級: IP68
  • 防塵: あり
  • 防水: あり
  • Display

    種類 P-OLED, 1億色, 144Hz, HDR10+, 1300 nits (最大)
    サイズ 6.55 インチ, 103.6 cm2 (~90.1% 本体比ディスプレイ占有率)
    解像度 1080 x 2400 ピクセル, 20:9 アスペクト比 (~402 ppi 画素密度)
    特徴 Corning Gorilla Glass 3

    Audio

    ステレオスピーカー搭載 はい
    3.5mmジャック搭載 いいえ

    Platform

    チップセット MediaTek Dimensity 7030 (6 nm)
    CPU 8コア (2x2.5 GHz Cortex-A78 & 6x2.0 GHz Cortex-A55)
    GPU Mali-G610 MC3
    SDカードスロット搭載 いいえ
    内蔵メモリー 128GB 8GB RAM, 256GB 12GB RAM, uMCP

    Operating System

    Android 13

    Main camera

    仕様 50 MP, f/1.8, (広角), 1/1.5, 1.0µm, マルチディレクショナル PDAF, 光学式手ブレ補正, 13 MP, f/2.2, 120˚ (超広角), 1.12µm, PDAF
    特徴 LEDフラッシュ, HDR, パノラマ撮影
    動画撮影 4K@30fps, 1080p@30/60/120/240fps, 電子式手ブレ補正

    Front camera

    仕様 32 MP, f/2.4, (広角), 0.7µm
    特徴 HDR
    動画撮影 4K@30fps, 1080p@30fps

    Mobile Network

    通信規格 GSM / HSPA / LTE / 5G
    2G GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 - SIM 1 & SIM 2 (デュアルSIM版のみ)
    3G HSDPA 800 / 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
    4G 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 32, 38, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 48, 66
    5G 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20, 28, 38, 40, 41, 66, 77, 78 SA/NSA
    通信速度 HSPA, LTE-A, 5G
    SIM ナノSIM, eSIM または デュアルSIM (ナノSIM, デュアルスタンバイ)

    キャリア別バンド対応表

    周波数帯 docomo au softbank rakuten 本機種にて対応
    4G
    B1
    B3
    B8
    B11
    B18
    B19
    B21
    B26
    B28
    B42
    5G
    n1
    n3
    n28
    n77
    n78
    n79
    n257

    Wi-Fi

    Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/6e, トライバンド, Wi-Fiダイレクト

    GPS

    GPS, GLONASS, GALILEO

    Bluetooth

    5.4, A2DP, LE

    Other Communications

    NFC搭載 はい
    赤外線ポート搭載 No
    ラジオ搭載 いいえ
    USB端子 USB Type-C 2.0, OTG

    Sensors

    指紋認証 (画面内, 光学式), 加速度センサー, ジャイロセンサー, 近接センサー, コンパス, Moto Ready For サポート

    Battery

    バッテリー容量 Li-Po 5000 mAh, 取り外し不可
    充電仕様 68W 有線, 50%になるまで15分間

    Price

    77,082円 ※6/1/2024時点
  • $490
  • €317.45
  • £299
  • ₹26,999
  • Motorolaについて

    Motorolaのスマホ事業

    Motorolaとは、1928年にアメリカで設立された電子・通信機器メーカーです。世界初の商用携帯電話を開発した通信機器メーカーの牽引者であり、1990年代には携帯端末の市場シェアトップを独走していました。

    しかし、iPhoneやAndroidの台頭によりシェアを失い、2011年にはスマホ事業を含むモトローラ・モビリティと政府向けソリューション事業を含むモトローラ・ソリューションズに分割されました。

    その後、モトローラ・モビリティは2012年にGoogleに買収され、2014年には中国大手メーカーであるLenovoの100%子会社となりました。

    現在、MotorolaはLenovoの傘下として、個性的なスマートフォンを世界中に提供しています。

    スマホ界隈でのMotorolaというブランドの位置付け

    Motorolaは、Lenovoの傘下となったものの、ブランド自体は「Motorolaブランド」をそのまま利用しています。Lenovoも、日本や欧米などMotorolaのブランド力が高い場所では、Motorolaブランドの名前を継続して使っているようです。

    Motorolaは、個性や独創性を強く押し出したスマートフォンを展開しており、特に「Moto Z」シリーズでは、「moto mods」というアクセサリーと組み合わせることで、スマートフォンを超えた様々な機能を利用することができるようになっりました。

    また、低価格で誰にでも手が出しやすいローエンド・ミドルエンドの機種から、上記のような個性的なハイエンド機種まで幅広く揃えており、多様なニーズに応えています。

    Motorolaのスマホ事業の歴史

    実は、Motorolaはあの「iPhone」よりも先にスマートフォンを発売していたというパイオニアなメーカーなのです。

    • 2003年:「Moto A760」というLinuxベースのスマートフォンが発売される。
    • 2005年:「Moto ROKR E1」というiTunes対応の音楽携帯電話が発売される。
    • 2006年:「Moto RAZR V3x」という3G対応の折りたたみ式スマートフォンが発売される。
    • 2009年:「Moto Droid」というAndroid OS搭載のスマートフォンが発売され、大ヒットしました。
    • 2010年:「Moto Atrix」というPCと連動するスマートフォンが発売されました。
    • 2016年:「Moto Z」というmoto mods対応のスマートフォンが発売されました。

    Motorolaのスマホの強み・弱み

    強み

    • 個性的なデザインや機能が魅力的です。
    • moto modsというアクセサリーと組み合わせることで、カメラやプロジェクターなど様々な拡張が可能です。
    • ローエンド・ミドルエンドの機種ではコストパフォーマンスが高く、安価で高品質なスマートフォンが手に入ります。
    • Android OSをほぼそのまま使っており、余計なアプリやカスタマイズが少なく、シンプルで使いやすいです。

    弱み

    • ハイエンド機種では他社と比べて性能やカメラ画質が劣る場合があります。
    • moto mods対応機種では本体が厚く重くなりがちです。
    • moto mods自体が高価であり、入手しやすいかどうかも不安要素です。
    • 日本ではキャリアから発売されている機種が少なく、SIMフリー端末として購入する必要があります。
    Copyright © 2009-2024 NemuNote All rights reserved.