Skip to content

【自動車購入考察】第3回 新車か中古車か?メリットとデメリットを比較してみました!

【自動車購入考察】第3回 新車か中古車か?メリットとデメリットを比較してみました!

This content is not available in your language yet.

読者の皆さんこんにちは、ねむです。
今回は車を購入するにあたって最初にぶつかる分岐点、「新車」と「中古車」の選択について書いていきます。


「新車」とは、その字のごとく「出来立てホヤホヤの新しい車」で、以前に誰も使用経歴がない車を指します。ここでは未使用車や未登録車等の「新古車」も「新車」に含みます。
対して「中古車」は、「以前に誰かが使用していた経歴を持つ車」を指します。5 万 km 以上の高走行車も、前オーナーがディーラーである「デモ車」(一般的に高年式で低走行車)も、この「中古車」に該当します。

さて、両者を選択する上で重要なキーは一体なんでしょうか。
素人ながら管理人が考える判断材料は以下のとおりです。

  • 購入時から売却時までの購入費/維持費を含んだ総費用
  • 車保有における自己満足感

1 点目は、トータルコストを指しています。
年式、走行距離、車検残、などあらゆる要素を考慮し、最終的にかかるであろう「お金」を判断に使います。
例えば、3 年落ち、2 万 km 走行の中古車が 200 万(新車売価は 300 万)で販売されているとします。車検残は 2 年、しかし一部消耗品の交換が必要な状態です。
この場合、使用状態も含め乗り出し時に必要なメンテナンス費用を見積もっておくことが重要です。トラブル頻発で半年ごとに数十万がかかる、ということも考えられるからです。場合によっては、トータルで見たときに新車の方が安上がりになることも全然あり得ます。

また、2 点目は自身が車に求める「プライスレスな何か」です。
管理人はこれまで 3 台の車(いずれも家族保有)に乗ってきましたが、どれも新車で、運転者は親と管理人しかいませんでした。
つまり、運転手の「クセ」が車にほとんど影響を及ぼしていないのです。
仮に「中古車」の場合、他者がずっと乗り回してきたために、その人のアクセルの踏み具合やハンドル操作などの「クセ」が染み付いています。
管理人の場合、これが結構気になるのです。贅沢だということは重々承知していますが・・・
逆に、かなりの高級車を検討している場合は、この「クセ」が好印象なつき方をしているケースもあると思います。(プロの運転士によって使われていた etc)
加えて、全く自分だけのものであるという独占感や、匂い等の目に見えない清潔感も、管理人にとっては重要なのです。
全部をひっくるめて、「プライスレスな何か」なのです。

上記をトータルで判断し、管理人は新車を購入することに決めました。
少しでも皆さんの判断材料として参考になれば幸いです。

次回は車のタイプや車種選びについて書く予定です。

以上です。

Related Articles

Copyright © 2009-2024 NemuNote All rights reserved.